鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 10日

AとAとAとA

・AIDA(消費者の行動プロセス)
Attention (注意)
Interest (関心)・・・商品の訴求が必要。
Desire (欲求) ・・・欲しいと思わせる。欲求を満たせることを証明し、それを欲求に変える。
Action (行動)

・AIDMA(短期的な購買衝動心理プロセスモデル)
Attention (注意)
Interest (関心)
Desire (欲求)
Memory (記憶)
Action (行動)

・AISAS(ネットでの購買行動のプロセスモデル)
Attention (注意)
Interest (関心)
Search (検索)・・・検索におけるハードルが低い必要あり。
Action (行動、購入)・・・決済におけるハードルが低いほうがよい。
Share (共有、商品評価をネット上で共有しあう)・・・共有に便利なサマリーなんかがあるとよい。

・AMTUL(長期的態度変遷モデル)
Aware(認知)
Memory(記憶)
Trial(試用)
Usage(本格的使用)
Loyalty(ブランド固定)・・・市場シェアも関係ある?

やっぱりAは見てもらうだけではだめ。
関心にしろ記憶にしろ、
商品名と商品の露出を増やせばそれにつながるわけではない。
あくまで最終目標は購買であり、共有であり、さらにその先のブランド固定である。
最終目的まで行く人が各プロセスにおいて、
どのような意思決定をなすかをしっかりと念頭において、
Aを踏み出すべきだな。
これがストーリーを仕立てるってことか。
[PR]

by freakout-or-die | 2009-04-10 01:38 | 日替わり定食


<< 売れるモノ      素直になっても >>