鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 03日

静止画から動画へ、そして静止画へ

プロダクトが使われる場面をしっかり想定できれば、
付加価値を高める方法が見つかるかも知れない。

今すぐに思い浮かぶ使われる瞬間を静止画で捉える。
静止画の方が立ち止まって細部まで再現できるから。

静止画の中の登場人物一人一人にフォーカスを当てて、
動画にしていく。
静止画にいたる前も、静止画の後も出来る限りリアルに。

そして動画を一回とめて、
プロダクトがその瞬間どういう状態にあるのか、
どうすればより便利、価値のあるものになるのか。

こうやってプロダクトのストーリーを考えることもいいんじゃないかな。

そして、動画の中でペルソナ分析までしっかりかけることが出来れば最高なんじゃないかな。
たとえば、朝起きるところまで戻って動画をスタートするとか。
[PR]

by freakout-or-die | 2009-06-03 01:56 | 日替わり定食


<< どうすれば売れるかではなくなぜ...      コミュニケーション⇒信頼⇒将来像 >>