鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 11日

SMARTな法則

S→Specific 具体的
何をしたいか。
売り上げを伸ばしたい。
ではなく、この商品の売り上げをを10%伸ばしたい!!

M→Measurable 計測ができる
目標値に向かってどれだけ進捗しているか、達成しているかの測定を行う。
むしろ、行える具体的な目標があるか。

A→Agreed upon 同意している
自分自身が納得しているか、
周りのコミットメントは取れているか。
自分すら納得できていない目標に誰が努力できるだろう。
マインドセットは重要。
周りの協力が必要なら周りのコミットメントは絶対だし、
協力という二文字でなくとも、
そっとしておいて貰うという貢献を受けるのであれば、
周りに周知し認識し同意してもらう必要がある。

R→Realistic 現実的
夢物語ではいつか心が折れてしまう。
成功できなければ次回への失敗体験だけが残り逆効果。

T→Timely 期日が明確
期日を明確にしなければ測定をすることも出来ないし、
達成に向けてのマイルストーンがひけない。
[PR]

by freakout-or-die | 2009-06-11 03:44 | 日替わり定食


<< in_valとout_val      やる気が無いのは誰のせい?? >>