鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 12日

in_valとout_val

過度のインプットは脳のアウトプットである。
インプットに満足し、脳が疲れアウトプット出来ない。
http://toki55.blog10.fc2.com/blog-entry-116.html

▼引用----------

 趣味多く、色々なものを見に行き、聞きに行き、集め、色々なことをしている人が言う、「引き出しを増やす」という言葉がありますが、真っ当に見えて、180度反対のウソが含まれています。

それらを、漫画を描くことの「刺激」という「インプット」だと思っているなら、そこにワナがあることに気付いて下さい。

(中略)作り手として「豊か」になるのでなく、いい感じでお金を使って下さる「お客さん」として自分が形作られてゆくことになります。
「口数と知識量ばかりは多いのに、なぜか漫画を描かない、描く漫画がつまらない」という謎の「自称漫画家志望者」が発生してしまう、不思議のメカニズムは、こうしたことによります。

漫画を描く以外のことで気晴らしをしてしまったら、漫画を描くわけがない。

 (中略)なぜなら、自分の描く漫画だけでその循環を行うためには、その自分の漫画が既存の漫画より退屈なものであると、うまくいかないのですから。
小金を払って、他の誰かが作った、もっと面白いものを享受して、脳を楽しませた方が手っ取り早いのですから。(後略)

▲----------引用終了


一理あると思う。

インプットを取捨選択できる能力が必要なのは、
現代社会の情報量の多さで納得出来る。
でも、今の自分はそのレベルじゃない。
インプットの量は質に変換されるとも思っている。
(インプットに限らず何でも。)
溜め込まないと吐き出せないのもまた事実。

というわけで当面は
インプットの量を増やす。
と同時に毎日どんなに少なく、小さく、くだらなくてもアウトプットを出す。
を習慣づける。
アウトプット作業の時間短縮と、
インプットの選択の訓練にもなる。はず。

インプットとアウトプットに対して、
どんなデータ型を用意しておけば最適な処理が出来て、
アウトプットの精度・速度をあげることが出来て、
かつメンテナンスが楽なのかを考えなくっちゃ。
[PR]

by freakout-or-die | 2009-06-12 01:44 | 日替わり定食


<< 心理バイアスを飛び越えろ!!      SMARTな法則 >>