鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 14日

選挙

ま、一応結果ね。

自民党--------38(48)
民主党--------54(34)
公明党--------23(22)
共産党--------8(13)
ネット---------2(5)
社民党--------0(0)
諸派・無所属--2(2)
()内は選挙前の議席数

という結果になったわけだが、
なんというバランス感覚。

民主党が議席を20増やしたことは事実だが、
自民党は10しか減ってない。
つまりその他野党の議席を奪っただけ。

しかし、都議会議員選挙は、
一任区ではないところの方が多いので、
(新宿は4議席です。)
一任区だったら自民はこんなに議席が伸びなかっただろう。
しかし、公明強し。

んで、自民+公明で61議席。
民主の54議席よりも多い。
まぁ、この辺の話はあちこちでされているのでどうでもさらっと。
そして、民主は石原都知事の法案にめったに反対しないので、
ほぼ都政に大きな変化は訪れない。
むしろその他野党が減っただけやりやすいかも知れない。

しかもそもそも民主は都議会で過半数取れるだけの候補者を立ててない。
どこに遠慮したんだろう。

で、それ以前に。
都議会議員選挙は総選挙の前哨戦ではありません。

都議会議員は都民の代表。
国会議員は国民の代表。
区議会議員は区の代表。

読んで字のごとくなんですよ。
国政が地方選挙に影響を与えるのは、
公認や支持母体ってのがあるから仕方の無いことだが、
国会議員が出張ってきて、
「総選挙の前哨戦です。」
的なことを言うのはどうかと思うんだよなぁ。
また、それをなんとも思わない選挙民がもっとどうかと思う。

民主的には前哨戦とした方が、
今の勢いのまま民主の議席を増やし、
総選挙に弾みがつくのでわからなくはないが、
自民がそれに乗っかってどうする。
というか都議会議員は何のためにいるのだ。

築地の移転問題や、
オリンピックに伴う都市計画、
新銀行東京の負債の件、
道路工事の見直しとか議案はたくさんある。
もちろん東京都限定の。

その辺の議論ってどこにいっちゃったの??

また、都議会議員選挙の結果を受けて、
解散を決めた総理も、
その総理を下ろそうとする自民も、
何を考えているのかさっぱりわからん。
臓器移植をめぐる法案や児童ポルノ所持関連の法案とか、
解散のために一気にさらっと審議終わらしていいものなんだろうか。

人の尊厳、理念とか個人的な趣味の領域に立ち入る法律を、
サクッと流せてしまう野党ってどうなの。
民主一切信用できない。

というか鳩山代表の献金問題は、
原資が自分の金だからこそ怪しいじゃん。
どうどうと使っていいお金を献金扱いにする意味は何かあるとしか思えん。
そして秘書だの会計責任者だのを首にしてそれで終わりって。

また、選挙速報に出演していた、
管代表代行(だっけ?ここも役職すぐに変わるからわかんない。)の覇気のないこと。
献金問題をアナウンサーに突っ込まれた時の頼りない回答。
負けた石原党東京都連会長の方がよっぽど政治家っぽかった。

なんか色々がっかりだなぁ。
一番のがっかりは、
後藤まいとかいうのが、
供託金が返還されるだけの票を取ったことです。
http://npn.co.jp/article/detail/78075884/
犯罪者ですよ、3ヶ月前まで。

あと、鳩山の弟ね。
http://www.47news.jp/CN/200907/CN2009071201000586.html
「自殺というのには、やはり何らかのDNAが働いているのではないかと言われている」
どういうこっちゃね。
居酒屋でおっさんがおねーちゃんと飲んでる会話じゃねーんだぞ。
こいつの不信任って出せないのかなぁ。



んで総選挙ですが、
民主躍進、自民敗戦、それでもどちらも過半数は維持できず、
「確かな野党」や話し方がイラっとする党首の党がキャスティングボードを握り、
結局遠慮がちの内閣が出来上がりサヨウナラ。

まぁ、民主の支持母体といわれる、
似非人権屋・不良公務員・ねずみ講紛い業界・北朝鮮傀儡、中核派が日本をダメにするよりはマシな気もしなくもない。
(この辺は確かな情報ソースはありません。)

以上。
[PR]

by freakout-or-die | 2009-07-14 02:39 | 日替わり定食


<< 心に引っかかる言葉      情報の有効活用 >>