鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 17日

心に引っかかる言葉

4月入社と7月入社にメールを出したのですが、
差は歴然だなぁと。

仕事ではないので、
あえて砕けたテンションのメールを出したのだが、
その意図を踏んで砕けたテンションで、
内容のしっかりしたものを書いてくる4月入社。

文面は一見かっちりしているが、
語尾や内容がうーんってなる7月入社。

返信すらない何名か。

返信すらないのは、まぁ正直・・・

うーんってなっちゃうのはきっと研修で、
「簡潔に!!」
とか言われているからだろう。
事実俺も言われた。
それ以前に、彼らは携帯メールに慣れているからなのかも知れないが。

仕事なら簡潔な方がいいかも知れない。
言いたいことが整理できていて、
100%伝わる文章がかけて、簡潔
ならいい。
それが出来ないから、
ExcelやPPT、参考URLなんかをつけてメールをする。

しかし、そもそも簡潔なメールってつまらない。
PCで見てると、短いメールは隙間が多くて寂しく見えるしね。

ネタを仕込むだけでなく、
相手の顔や表情、感情が伝わってくるメールがいいなと思うし
自分の表情も伝えたい。

仕事での繋がりだが、
メールの内容は平たく言えば
「飲み会しまーす。」
である。
真面目な返信よりも、
フランクな文章でいいから素早い返信を期待するのは間違いだろうか。

PCで書くメールは、
携帯メールなんかより長文書くのが楽なもんだから、
不要な文章書いてしまうのが問題だけど。

メールは、
人によってチェックの仕方が違うので、
じっくり読む人もいれば、
空いた時間にちょっとずつ読んでちょっとずつ書いて返信という人、
決めた時間内にしかメール触らない人など
それぞれだからこそ、
どんな時でもしっかり印象に残るメールにしたいと思う。

万人に意味のある言葉なんてきっと一生のうちに一回くらいしか口に出来ないけど、
心の記憶細胞の断片にかすかに引っかかる言葉やメールを発していきたいなと思う。
[PR]

by freakout-or-die | 2009-07-17 02:14 | 日替わり定食


<< 勝間和代さんってすごくない??      選挙 >>