鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 21日

サッカー政治

Z「いやー、久しぶりだね。まずはグループリーグ突破おめでとう。」
A「これは、これは。大変ご無沙汰しております。貴殿の方はとても大変そうですが。。」
Z「さすが優勝候補だね。いやーひと安心だな。1位突破も確実だねえ。」
A「あっ、ありがとうございます。」
Z「というか、このままだとたぶん得失点差1でも1位通過だよな?」
A「・・・。いや。あの。えーっ、それでは、勝ち点の関係で1位突破を逃す可能性もございまして・・・」
Z「大丈夫。大丈夫。もう一試合の組み合わせを考えれば、たぶん勝ち点だけで1位決まるだろ。」
A「・・・。」
Z「ところでさ、太っちょの調子が悪いねぇ。あれ、やっぱり太りすぎじゃないの?」
A「あっ、ハイ。大統領も体重を心配されていたくらいですから・・・。」
Z「ハハハ、そうか、そうか。でもさ、W杯の歴代通算得点記録をドイツ人なんかに持たせているっていうのも、ちょっと恥ずかしいよなぁ?」
A「え?はい、確かにそのとおりですが。今大会で何とかしてくれるのではないかと。。」
Z「でもさ、太っちょの調子良くないみたいだから、やはり次の試合で1点くらいは入れておいた方が良いんじゃないの?そうしたら調子付いて決勝リーグでも点を取れるだろ、きっと。」
A「・・・。国民も皆彼が早く復調することを願っていますが。」
Z「そんな遠慮するなって。何とかするからさ。」
A「・・・。」
Z「そうそう、太っちょにはさ、高校生のGKでも取れそうな簡単なシュート打つように言っておいてくれよ。」
A「??」
Z「おいおい、前の試合見ていないの?GK、あのアトランタの時の彼だよ。難しいシュートを打つと、ついつい体が勝手に反応してさ、前の時みたいにスーパーセーブしちゃうかもしれないからさ。判るだろ?」
A「!」
Z「大丈夫、任せておいてよ。  ところでさ、代わりといっては何だけどさ。」
A「はっ、はあ・・・。」
Z「こちらもFWが点を取らないと、チームが波に乗れないんだよね、正直さ。今みたいに。」
A「・・・。確かにどこの国でもそのような傾向はあるのではないかと。。」
Z「次の試合さ、FWの二人が点取れるとさ、本当に助かるんだよねー。」
A「・・・。」
Z「あと、1年前にオフサイドで取り消された点があったからさ。あいつにもゴール決めさせてほしいなぁ。故障開けの不安も吹っ飛ぶよ、それで。」
A「・・・。」
Z「ほら、私も国に帰れば一応有名人だからさ、恥かくわけにもいかない、っていうのも判ってくれるよな?君なら」
A「・・・。」
Z「あとさ、ほら。今回それなりの成績を残しておかないと、次に狙っているヨーロッパクラブチームの監督就任がさ、難しくなるじゃない?」
A「・・・。」
Z「そんなわけで、監督や選手達には、よろしく言っておいてね。」
A「・・・。はぁ。。。」
Z「そうそう。DF陣にはさ、シュートが飛んで来たら軽く体に当てて方向を変えるよう言っておいてよ。」
A「?」
Z「なんかこっちの国ではさ、シュートって枠の中に打たないと入らないってことを小さい頃から教えられていないみたいでさ。一生懸命枠内に打つよう教えてみたんだけど、今更だとさ、誰もできなくてさぁ。この前の試合も見ただろ?目をつぶっていても入りそうなやつをわざわざ枠の外に打つんだからさぁ。」
A「(苦笑)」
Z「シュートは間違いなく枠の外に飛んでいくから、DFの体に当ててさ、枠の中に飛んでいくようにちょっと工夫して欲しいんだよね。それくらいの技術は皆持っているだろ。」
A「はっ、はぁ・・・。」
Z「じゃあ。一応後で大統領にも電話しておくけどさ。そうそう、君の処遇をもっと良くするよう協会会長にも言っておくから、大丈夫、大丈夫。あとはよろしくね。(ガチャン)」
A(ツー・ツー・ツー)「・・・。」
[PR]

by freakout-or-die | 2006-06-21 16:57 | 日替わり定食


<< いろいろ      千葉の渋谷 >>