鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:宴会( 11 )


2006年 05月 21日

下品な人生

そうRawLife。
あ、ちなみにRawとはスラングで"下品な"という意味がありますよ。

昼ごろ起きて、学校へ。
雉の資料を作る。
はずが、AWA氏の遅刻&思っていた過去の資料が一切ない。
ということで、AWA氏と少ししゃべって新木場へ。


というか駅から遠いよ!!
そして少し寒い、、、


会場にはkobayacidとG-Tigerさんとド・ルイドさん。

ゆるくて、NOBUさんはやっぱストイックで。

そしてみんな大好きStruggle For Pride!!

こんな言い方はおかしいが、
「曲になってる!!」
そう、ドラムの音やらボーカルやらベース音やら、
ギターのフレーズとかがしっかり聞こえる。

なんか普通のバンドみたいだった。
モッシュピット以外はね。

途中、ド・ルイド氏に半ば無理やり犯さ、、、
じゃなかった昨晩の残りの麦焼酎を飲まされる。

終わったのは20:00ちょうど。

帰りに
「遊び方がおとなしいよね。」
というお叱りを受けました。
まだまだ修行が足りていないようです。

ただ、こぶしを突き上げ、絶叫するG-Tigerさんを見たのは久々でした。


そして昨晩のGrassRootsにいけなかったことを軽く後悔。
CxMxT観たい。
[PR]

by freakout-or-die | 2006-05-21 23:51 | 宴会
2006年 04月 24日

素朴なAfter Hours&裏EARH DAY!!!!!

DSCの素朴な夜に行く。
六本木で降りて、
rumdub氏言うところの「セレブ気取り」な奴らを尻目に、
Bullet'sへ。
元はAmbient Barだそうで。

入ったときは宇多田ヒカルを大合唱。
バーテンさんは呆れてた。

なんだかんだで、朝。

これまたセレブ気取りの奴らと、黒人、
そしてアジア系をかわしながら飯を食いに。

どこもいっぱいなので、
仕方なく天下一品
しかたなくですよ!!

サービス定食完食。
まとめて会計したのだが、
リベロK氏とrumdub氏はレジに1000円置いてきた。

アジア系の店員は何も言わずに受け取ったそうで。

六本木を闊歩する女性を見て、
リベロK氏の「SEXの香りしかしない。」というパンチラインが生まれる。


一旦家に帰り、
あれよあれよという間に気付けば9:30。
2時間ばかし寝る。

そんで学校。
素朴なAfter Hoursが始まっていた。
六本木から学校来て、
おのちゃんが素朴なゲームの代名詞「マリオ3」を全クリしてからスタートした模様。

rumdub、ゴスロリ、おのちゃんと完全に死んでるkeんいちろう。

そこになぜかいるmizuking。

途中でmizukingとkeんいちろうはさよならしたが、
それからが、、、

結局8時間。

UAをかけるためだけに8時間。

丁度そのころ、
代々木公園のステージではUAが。。。。
[PR]

by freakout-or-die | 2006-04-24 00:26 | 宴会
2006年 04月 16日

結局、、、

雨が降るというので、
渚を悩んでいて。

朝7時くらいに起きたら結構激しく降ってた。

んでベッドで悩んでいたら、2度寝。

起きたら、12:30。

窓の外は小雨。
5分悩んで行くのやめた。

休日を家で過ごすのももったいないので、外へ。

新宿ついたら、
雨やんでるじゃねーか!!!!!!!


一気に全てのやる気を無くしたので、
テンション上げるために、いいもの食う。

テンションは上がらず終い。

そして、プラプラ歩いて行き着いた先は、、、
ビックカメラと漫画喫茶でしたとさ、チャンチャン♪

Fuck!!!!!!


今日の1曲
Coro/坂本 龍一

すさんだ心を癒すnoise!!!!!


今日の1冊
ONE PIESE 41巻/尾田 栄一郎

作者の考える
「かっこよさ」を押し付け気味に、
ひたすら見せ付けるだけなのに、
なんで面白いのだろうか。
「~くらいまではおもしろかった。」とか言うけど、
まとめて読めば全部面白いぜ。
[PR]

by freakout-or-die | 2006-04-16 23:55 | 宴会
2006年 04月 11日

皆で行こう!!DK SOUND!!

kobayacidより緊急連絡!!

Tracks Boys主催の
川崎工場地帯でのレイブ・DK SOUND。
今年一回目は先着エントリー制になっている模様です。

GWに毎週末通りのパーティーかよ
というのは例年通りの課題ですが
一度は行ってみたい気がするパーティーですね。

以下URL
http://dksound.traksboys.com/


ということで早速エントリーしてください。
みんなで行こう!!
[PR]

by freakout-or-die | 2006-04-11 00:02 | 宴会
2006年 02月 27日

In Da Club

久々のClub。
SLEEZY

PeechboyとCrystalがGrassrootsにてはじめたイベントな訳だが、
どういうわけか、激混み!!

Barやラウンジに入れないくらい混んでる、、、

あちこちで言っているが、
混んでるClubは嫌いだ。
家で寝てるほうがいい。

なぜかって???
踊ると言う行為は、
音楽に没頭し、
自由気ままに体を動かすことにあるのに、
他人と体がぶつかっていては没頭できないし、
自由に体を動かすことも出来ない。

両手を広げた半径70cmは自由に使いたい。
ターンを決めるくらいのスペースは何が何でも確保したいのだ。

しかし、SLEEZY。
混んでるので体があたる。
体があたる程度なら、
気をつけて踊れば避けれるが、
Freakoutしてる奴が出てくるとおしまい、、、

ベロベロによって、
グラスを持ちながら、
反対の手にタバコ。

これで両手を振られて自由に踊られたら、
怖いくて踊れない。

「グラスが落ちたらどうしよう、、、」
「あいつのタバコが目に入ったらどうしよう、、、」

こんな調子である。

しかも、そんな奴がいたわけで、、、
2006年初めて殺意を覚えました。

ただ、peechboyがブースにたって、
エフェクターをいじりだすと、
どんな曲でもテンションが上がると言うのは発見でした。
[PR]

by freakout-or-die | 2006-02-27 12:08 | 宴会
2006年 02月 04日

スピーカの悲鳴

サウンド貧乏でCMAのサウンドが貧乏に、
というか無音に。
サウンド貧乏神???

なんともハードな一日でした。
いろんな意味で。


今日の1曲
リオデジャネイロ!!~サンキュ~/Dim Shit&Kobayacid meets Keんいちろう

ここは日本です!!
[PR]

by freakout-or-die | 2006-02-04 03:51 | 宴会
2005年 12月 31日

SUN@六本木MaZel

f0009685_1821432.jpgいやはや、
2005年、追い求めた音楽のひとつの形。
SUN。

楽しかった。
いいパーティだった。

DJはCMTが最高だった。


LIVEはやっぱりSTRUGGLE FOR PRIDE。

始まった瞬間にATZさんが
「音の鋭さが違う。」
うまいこと言う。

横でリアル喧嘩が始まったので、
仕方なく仲裁。
peaceにいこうゼ!!
みんな仲間じゃん。
日本をダメにしてる、、、

f0009685_1823437.jpg
浅野忠信が来てました。
まさに写真のまま。
CROSS BREDのLIVEをニタニタしながら見ていた顔が印象的でした。


終了後のラーメン二郎@聖地三田。
死にました。

だってこぶし+手首サイズのチャーシューが、、、
沈めました。

パンチライン
JIRO THE GOODMAN・・・
[PR]

by freakout-or-die | 2005-12-31 18:03 | 宴会
2005年 12月 26日

Merry Christmas Mr.ModeDown

先輩が出るので行ってきました。

2:30にTAXIで会場入りするというセレブさ。
どーだまいったか。

結局、先輩のDJしか聞いてません。

殆ど喋り倒してました。

ラーメン二郎の話と音響、アンビエント、イージーリスニング、実験音楽、フィールドレコーディング、、、
この話しかしてません。


その後学校に戻ってきて、
イントロクイズ。

O.N.Oの死にそうな顔が印象的かつおもしろかったです。

その後はメールが来たのでお出かけしました。


今日の1曲
Re-Entry Dub/HERBEST MOON

やっぱすきだなこの曲。
おちつくとともに上がる。
[PR]

by freakout-or-die | 2005-12-26 08:07 | 宴会
2005年 11月 26日

Peechboy 7hours@吉祥寺4th Floor

Peechboyの7hoursに行ってきた。


Peechboyって誰??って人は多いかも知れないが、
いま、東京でもっとも熱いDJの一人に挙げて間違いないと思う。

DISCOを回し、
そのありえない動きと、イコライジング、アイソレーターのきり方、エディットの手腕
どれをとっても印象的だしカッコいい。

半ば変態的だとさえ思う。

さて、吉祥寺に着いたものの、
4th Floorの場所がわからず、
迷ってしまった。


0:00頃に中に入ったわけだが、
お客さんはあまりおらず、
ゆるいDISCOがいい感じの音で流れる素敵な空間だった。

VJは10Kで、
ブースの前に薄い布をたらし、
Peechboyは布の後ろでDJ。
布に映像が写り、そのまま光は布をつき抜けPeechboyの体へ。
さらに突き抜けた粒子は後ろの壁へ。
映像の中でDJしてるような錯覚。
カッコ良かった。


踊って飲んで、喋っていたら、
急にイケイケのR&Bがかかった、、、
え???
DJブースにはマチガイなくPeechboy。
イケイケのR&BをかけるPeechboyはイケイケだった。


ちょうど先輩、あだ名はピーチさん、の誕生日だったため
途中で外で友達と喋ったり、
吉牛いったりと、
チョコチョコ抜けていたが、
最後の方は踊り倒して気付けば、8:00。

結局は9hoursだった。

当日の音源をWEBにアップしているので、
自力で探して下さい。
個人的には見つけられなきゃいいなと思うので、載せません。
f0009685_133553.gif

[PR]

by freakout-or-die | 2005-11-26 03:10 | 宴会
2004年 12月 30日

time is keywors

新宿LOFTにてTBHのLIVE。

rumdubさんと、もう一人の先輩と居酒屋へ。
3人で音楽の話を一切しない飲み会スタート。

会えば、音楽の話、パーティの話をするような関係なので、FREEEEH!!

もう一人の先輩と合流し、
18:15にLOFTへ。

整理番号順での入場。
俺はNo.045
先に並んでいたいきり立つHeadzを後目に
Yシャツ、革靴、スラックスの反骨精神を全身で表現した格好で
先にほぼ間違いない地下一階へ。
中に入るとDJ DYEのPLAY中。


かっこよかった。
人がまばらで踊りやすく楽しかった。
一時間後ぐらい、
すそからo.n.oがDYEに向かって
後一曲のサイン。
DYEの
「まじっすか?」顔が印象的でした。
そしてo.n.oのライブスタート。
この頃にはかなりの人数が入って、
前はギュウギュウ。
踊るスペースを俺にくれ!!
俺はBOSSが出てきても前にはいかないから。
譲ってあげるから踊らないなら
どっかいってくれと本気で思った。

俺の前にいたファーのコートが顔に当たってチクチクした。
そして、Headzどもが待ち望んだBOSS登場。
ファーのコートは前に突進。
みんな前に押し寄せ、周りにスペースが出来た!!
やった。これでゆったり観れる。
そしてLIVEスタート。

BOSSとDJ DYEの息はピッタリ。

いろんなものを貰ってLIVE終了。

そしてDJ DYEのPLAY再びスタート。
人も減り気持ちよく踊れた。
でも、BOSSがステージ降りたら帰っちゃう人、
もったいないなぁ…
HERVEST MOONの曲ではみんな沸くのに
DJとかo.n.oのライブには興味ないご様子。
ふと後ろを見るとo.n.oがフロアで酒を飲んで踊ってる。
これがいいアーティストだと俺は思う。
ここでオーディエンスからさらに歩み寄れば
もっともっといいイベントになるのになぁ。
てか相変わらずo.n.oさんは
気のいいおじさんにしか見えない。
学祭に出演してくれたが、
一介のスタッフの俺にもワイン片手に
気さくに話かけてくれる。
そんな人。
そんな空気が出てる。
やっぱいいなぁ。
好きだわ。
DJ DYE終了後みんなで二郎へ。
食べ終わり、みんなすでに心の終電はなくなる。
となれば行く所はひとつ。

CLUB学館。

学校に着き、
部室はブレーカーが落ちていたので、
学祭実行委員会の部屋に機材を運び
パーティスタート。
急造の割にはストロボ、ミラーボールありの
ナイス空間に。
そしてスカムなパーティーが始まった。

終わったのが朝7時。


だがなぁ、大トリは奴らじゃない。
午後12時より、地元で餅つき。
翌日の筋肉痛を覚悟で行ったが甘かった…
一臼目ですでに握力低下、腕はパンパン。。。
25キロの餅をついた。
つきたの餅と炭火焼きの手羽先&牡蠣&帆立。
旨かった。
ただ、眠かった。。。
酒を飲みながらやってたのでとても眠かった。
22日から一週間で10時間寝てるだろうか?
BOSSが
「"TIME" is keyword」
とさんざん言っていたことを思い出し、
ここに繋がった!!
[PR]

by freakout-or-die | 2004-12-30 10:00 | 宴会