鬼畜屋

dieor.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2004年 12月 30日

time is keywors

新宿LOFTにてTBHのLIVE。

rumdubさんと、もう一人の先輩と居酒屋へ。
3人で音楽の話を一切しない飲み会スタート。

会えば、音楽の話、パーティの話をするような関係なので、FREEEEH!!

もう一人の先輩と合流し、
18:15にLOFTへ。

整理番号順での入場。
俺はNo.045
先に並んでいたいきり立つHeadzを後目に
Yシャツ、革靴、スラックスの反骨精神を全身で表現した格好で
先にほぼ間違いない地下一階へ。
中に入るとDJ DYEのPLAY中。


かっこよかった。
人がまばらで踊りやすく楽しかった。
一時間後ぐらい、
すそからo.n.oがDYEに向かって
後一曲のサイン。
DYEの
「まじっすか?」顔が印象的でした。
そしてo.n.oのライブスタート。
この頃にはかなりの人数が入って、
前はギュウギュウ。
踊るスペースを俺にくれ!!
俺はBOSSが出てきても前にはいかないから。
譲ってあげるから踊らないなら
どっかいってくれと本気で思った。

俺の前にいたファーのコートが顔に当たってチクチクした。
そして、Headzどもが待ち望んだBOSS登場。
ファーのコートは前に突進。
みんな前に押し寄せ、周りにスペースが出来た!!
やった。これでゆったり観れる。
そしてLIVEスタート。

BOSSとDJ DYEの息はピッタリ。

いろんなものを貰ってLIVE終了。

そしてDJ DYEのPLAY再びスタート。
人も減り気持ちよく踊れた。
でも、BOSSがステージ降りたら帰っちゃう人、
もったいないなぁ…
HERVEST MOONの曲ではみんな沸くのに
DJとかo.n.oのライブには興味ないご様子。
ふと後ろを見るとo.n.oがフロアで酒を飲んで踊ってる。
これがいいアーティストだと俺は思う。
ここでオーディエンスからさらに歩み寄れば
もっともっといいイベントになるのになぁ。
てか相変わらずo.n.oさんは
気のいいおじさんにしか見えない。
学祭に出演してくれたが、
一介のスタッフの俺にもワイン片手に
気さくに話かけてくれる。
そんな人。
そんな空気が出てる。
やっぱいいなぁ。
好きだわ。
DJ DYE終了後みんなで二郎へ。
食べ終わり、みんなすでに心の終電はなくなる。
となれば行く所はひとつ。

CLUB学館。

学校に着き、
部室はブレーカーが落ちていたので、
学祭実行委員会の部屋に機材を運び
パーティスタート。
急造の割にはストロボ、ミラーボールありの
ナイス空間に。
そしてスカムなパーティーが始まった。

終わったのが朝7時。


だがなぁ、大トリは奴らじゃない。
午後12時より、地元で餅つき。
翌日の筋肉痛を覚悟で行ったが甘かった…
一臼目ですでに握力低下、腕はパンパン。。。
25キロの餅をついた。
つきたの餅と炭火焼きの手羽先&牡蠣&帆立。
旨かった。
ただ、眠かった。。。
酒を飲みながらやってたのでとても眠かった。
22日から一週間で10時間寝てるだろうか?
BOSSが
「"TIME" is keyword」
とさんざん言っていたことを思い出し、
ここに繋がった!!
[PR]

by freakout-or-die | 2004-12-30 10:00 | 宴会
2004年 12月 23日

ageHa

とにかく色々あった。

20歳を超えて初めて行ったCLUBがageHa
どーだ、このセレブな感じ。

学校からkeんいちろう氏と連れ立って新木場へ。
駅で混沌さんに偶然会い、一緒に中へ。

中では、すでにrumdubさんがベロンベロン。
一応、rumdubさんの言い訳を載せておこう。

 「みんなもう中にいるんだろうなと思って入ったら、一番乗り。
  一人ではageHaの雰囲気に勝てず、寂しくてつい深酒。
  しかもARENAのスタートが押しててバーから動けないんだもん」

なんともスカムな話だ。

rumdubさんの友達も加え、消えた混沌さんは放って置く体で乾杯。
 「一番強い奴ください。」
発言で、
スピリタスが登場。

喉が焼けるぜ、、、

DJ KENSEIがスタートして、
人のいないフロアで踊って、
ウーハーにしゃがみこんで低音を受けて、、、

ここでShinki-Lowのライティングのやばさに気付く。
すげぇ。
大発見でした。
ライティングってすごいのね、
人力って偉大なのね。

SANDNORMも個人的裏メインのYOSHITAKE.EXPEの物凄く良くて、
MOOCHYは気付いたら終わってた、、、
INOUE KAORUは、後半気持ちよくて、
というか相変わらず雰囲気と酒とライトにやられて。

最後はkeんいちろうさんの川への放流を拝んで帰った。

来年も遊びたいね☆
[PR]

by freakout-or-die | 2004-12-23 23:45 | 宴会